保存方法

遮光が重要!

オイルは紫外線で劣化します。なるべく遮光を心がけて保存してください。
光があたる場所で保管する場合は、外箱や巾着、ポーチなどに入れて保管してください。

冷蔵庫は厳禁!

オイルはなるべく一定温度で保管するのが理想的です。
夏場や長期保存に冷蔵庫保管をされる方がいらっしゃいますが、冷蔵庫に入れず常温で保管してください。

開封後はお早めに!

オイルは空気に触れることで酸化がすすみます。
オイルの使用期限は製造から3年となっておりますが、開封後はなるべく早くお使いください。

冬場に凝固してしまったら温めて!

5度以下の寒い場所で保管した場合、オイルが白く濁ったり凝固する場合があります。
食用オイルなどで実際に見たことがある方も多いと思いますが、
これは天然100%のオイルで凝固防止剤等を入れていないオイルには良くある事で、品質に問題はありません。
凝固した場合は温めて頂くと融解して元通りのオイルに戻ります。

スポイト容器は横にしない!

スポイト部分は天然ゴムで作られています。
オイルに臭いが着いたり、ゴムの成分がオイルに溶けない様、ボトルは立てて保管してください。
また、スポイトを強く押しすぎると、ガラス管より上部のゴム部分にオイルが入り込む場合があります。
たくさんのオイルを出したい場合も、数回に分けて適量ずつ吸い上げてください。